Tips

水のトラブルのマグネットの電話番号に電話をしても大丈夫な方法

投稿日:

よくポストに勝手に入れてある水のトラブルのマグネット、なぜか磁石なので冷蔵庫などにひっつきます。
多くの過程で冷蔵庫に貼り付けてあったりするのではないでしょうか?
いざというときに電話したら、こんなトラブルがあったそうです。

パッキン変えれば済む話を、トイレまるごと入れ替えにするという…。
本当に壊れていると思っていたとは思えませんね。
トイレが詰まっている困っているときに、こんなこと言われたら、ついついお願いしてしまいそうです。

ということで、水のトラブルの電話番号に電話しても無駄なので、処分してしまったほうが良いのでしょか?
単純にそういうわけではありません。

水のトラブルのマグネットの電話番号に電話をしても大丈夫な方法

水のトラブルのマグネットはよく見ると、いろいろな業者のものがあります。
なので、水道マグネットコレクションとしてたくさん集めている人もいるくらいです。

信用できないのなら、地元密着型の水道業者に電話すればよいのですが、
複数マグネットがあれば、便器まるごと取り替えとかいう話をするところには帰ってもらって、
そのマグネットだけ処分すればよいです。

悪徳業者を避ける

と言っても、悪徳業者の場合、途中まで作業して、高額な見積もりを提示し、断ると元に戻すのに、全部やってもらうよりはマシだけど、
何万円も請求されることがあります。
結局ボッタクリされるというダブルバインド作戦です。
悪徳業者の場合、そもそも時間通り来ないとか、何か問題があって注意していれば気づくことができる場合もあります。
トイレつまりなどではなく、漏水などの場合、水道局に電話したほうが良いです。
漏水で漏れた水道料金の返金手続きも可能です。

マグネットに書いてある名前で検索すれば、ある程度評判を確認することもできます。
水道のように焦るものを、焦らせて高額請求するというのは、詐欺の常套手段なので、注意です。







-Tips

Copyright© 潜在意識 , 2020 AllRights Reserved.