ニュース

歌詞タイムが突然閉鎖、サービス終了した理由は何?著作権関係のトラブル?

投稿日:

2020年3月23日に歌詞タイムが突然閉鎖、サービス終了しました。
このことに関して、いろいろな憶測が飛び交っています。

現在、歌詞タイムのURLにアクセスすると、以下のメッセージが表示されます。

誠に勝手ながら歌詞タイムは閉鎖いたしました。
今までご利用ありがとうございました。

歌詞タイムは、歌詞、作詞者、作曲者、編集者などで検索することができ、
さらに、タイアップしている作品まで表示されるというとても便利なサイトでした。

著作権関係のトラブル?

このニュースで初めに思い浮かんだのは、著作権関係のトラブルですが、
JASRACなどの利用許諾はえていて、許諾番号も明記しているので、特に問題なさそうです。

スポンサーリンク




サイト運営者は誰?

サイト運営者は不明です。
ドメインをWhois検索で確認しても、代理公開されている情報しかありません。
ドメインの有効期限は、2020年11月29日です。

運営会社等があきらかになっておらず、おそらく個人の方が運営していたのだと思います。
だとしたら、やはりJASRACの利用許諾は受けていても、
営利目的の利用許諾ではなかったということが考えられます。

以前から、更新停止や方針転換が度々あったようなので、
権利者による指摘に真摯に対応していたけど、結局、その要求に答えてまで運営を続けるメリットを感じられなくなったということなのでしょう。
ドメインの有効期限が後半年程度になり、更新する気もなくなったので、閉鎖したというだけのことだと思います。







-ニュース

Copyright© 潜在意識 , 2020 AllRights Reserved.