健康

ハンバーガー病って何?症状、原因、名前の由来に関して

投稿日:

ハンバーガー病という病気があるそうです、
症状は嘔吐、下痢、血便などで食中毒に似ています。

ハンバーガー病は溶血性尿毒症症候群とも呼ばれ、
溶血性貧血、血小板減少、急性腎不全をともなう症候群で、
大腸菌などが産生するvero毒素が原因となるとのことです。

ハンバーガー病の名前の由来は?

ハンバーガー病と呼ばれている理由は、 韓国で女児がマクドナルドのハンバーガーを
食べた後に腹痛などを訴え入院したことによります。
デモにまで発展したとのことです。
なので、ハンバーガーを食べたら、溶血性尿毒症症候群を発症したという疑いによりもので、
正式名称ではないようです。

スポンサーリンク




マクドナルド側は、2019年時点では、「当社の製品が原因ではない」という立場です。
溶血性尿毒症症候群は大腸菌が原因の1つだと考えられているので、
マクドナルドのハンバーガーに大腸菌が混入していたかどうかが争点になると思いますが、
そのあたりの検証がされたかどうかという情報が見当たりません。







-健康

Copyright© 潜在意識 , 2020 AllRights Reserved.