面白い

コロナに関する小林よしのり「ゴーマニズム宣言」名言集

更新日:

週刊SPA!で連載している、小林よしのりさんの「ゴーマニズム宣言」の名言を集めました。

ゴーマニズム宣言SPECIAL コロナ論

AmazonのKindle Unlimitedの会員の方は、3週前までの号を無料で読むことができます。

小林よしのりさんの「ゴーマニズム宣言」の新型コロナを取り扱っている号を抜粋し、
名言を集めました。
赤ボックスが、ゴーマニズム宣言に書かれている言葉です。

週刊SPA!(スパ) 2020年 5/19 号

2010年の新型インフルとそっくりだと書いてあります。
あまりにそっくりなので、今回の件がでっち上げだとよくわかります。
海外でも一部では、デマだと言われています。

新型コロナウイルスパニックは、
史上空前の「デマ恐怖」である。

週刊SPA!(スパ) 2020年 5/26 号

日本は、コロナごときの「恐怖」で全体主義国家になってしまった。

マスクして自粛、全体主義ですね。

新型コロナの感染者数を「速報」で流すなら、
同時にインフルの感染者数も「速報」で流せばいい。
比較すべきものを示さなければ、
いたずらに恐怖を煽る愉快犯と同じである。
岡田晴恵も玉川徹も
厚労省クラスター班の西浦博士も
「ノストラダムスの大予言」みたいな
デマ脅しで、国民を恐怖に陥れている。

PCR検査の仕組みを理解すると、
なぜ、PCR検査が信頼できないのか?
玉川徹さんくらいの学歴の人なら一瞬でわかるはずです。

週刊SPA!(スパ) 2020年 6/2 号

医者や専門家は
「危ない1自粛せよ!」と
言っておくのが一番リスクが少ない。最大限に恐怖を煽っていれば、被害が
大きかったときは、
「言ったとおりでしょ」と
威張っておけばいいし、大したことなかったら、
「みんなが正しく恐れたからよ、
良かったじゃない」
と言っておけばいい。

以前、私のことをしつこく宗教に誘ってきた人が言っていました。

私ね。ここに入らなかったら、ほんとは死んでたはずなの?

って

週刊SPA!(スパ) 2020年 6/9・16 合併号

東京都の小池百合子知事は、
東京五輪を予定通り
開催したくて、新コロには無関心だったはずなのに、
五輪延期が決まるや
たちまち豹変!ここがチャンスとばかりに
緊急事態宣言を出せと
政府と突き上げ、
これが大衆に支持されるのを見た各地の知事も
マネして政府を責めた。

これ、ほんとに忘れてる人多いですね。

その犠牲者は、
マスコミが恐怖を煽らなければ、
大衆がマスコミに煽られなければ、
小池百合子が大衆を利用しなければ、
政府が毅然としていれば、
専門家が学者としての良心を持っていたら、
死なずに済んだかもしれない人たちなのである。

私は3月末から、このことを言っていたのですが、
誰一人理解してくれませんでした。

週刊SPA!(スパ) 2020年 6/23 号

流行してもいない病気のために、
とんかつ屋の店主が焼身自殺に
追い込まれたのか?
この二人、法的に罰せられないのが不思議でならない。

近いうちに、彼らに少なくとも社会的責任を追わせるような状況が来なければ、
日本は全体主義国家になるかもしれません。

今なお大多数の国民が、
しんコロは罹ったら最後、他人にうつしまくって、
苦しんで死んでしまう
「殺人ウイルス」だと思いこんでいる。マスコミがデータを無視して恐怖を煽り、
洗脳したからであって、
その主犯こそが岡田晴恵と
玉川徹なのだ!

だから、マスク警察、消毒警察なんてものがあるのですね。

 

週刊SPA!(スパ) 2020年 7/14 号

新コロはインフルのミニミニ版です。

 

週刊SPA!(スパ) 2020年 8/4 号

「民度」は低く、「畜度」が高いだけだ!
神に与えられた呼吸を存分に味わいたい!
わしは八つ墓村の掟には、従わない!!







-面白い

Copyright© 潜在意識 , 2020 AllRights Reserved.