熱中症

熱中症に麦茶だけはダメ?デメリットあり!麦茶に塩の効果は?

投稿日:

暑い季節、たくさん汗かいたから、熱中症にならないように、麦茶や水をがぶ飲み。
実はこれ、危険でダメな行為なのです。
今回は、麦茶をたくさん飲むことなど、水分補給が熱中症対策のダメな方法であるという問題に関して記述します。

スポンサーリンク




熱中症になる原因

まずは、熱中症とは、どのような状態なのかということを理解する必要があります。
熱中症とは、

体温の上昇と汗により、体液のアンバランスと脱水が生じている状態

原因は、

高温・多湿・無風という環境、また、運動の影響もあり。

以上のことを踏まえて、単なる水分補給がだめな理由を説明します。

熱中症に水分補給は危険?

体液のアンバランスという点が重要です。
汗をかいたから、水分補給する、キーンと冷えた麦茶で体温も下げる。
一見すると正しいことのように思えます。

汗をかくと水分だけでなく、電解質、主に塩分が失われます。
なので、麦茶だけ、水だけ補給しても、塩分が補給されていないということが起きます。
つまり、熱中症は、水分の不足、高温、ミネラルの不足が原因となっているのです。
水分補給は必要ですが、水分だけ補給するというのは逆にデメリットとなることすらあります。

熱中症になったら何を飲めばいいの?

塩分、水分を同時に補給できるものは、経口補水液、スポーツドリンクです。
甘いのが嫌なら経口補水液が良いです。
スポーツドリンクは虫歯リスクが高まりますからね。

ただし、脱水していると経口補水液を甘く感じることがあります。
脱水のため、体内の塩分濃度が高まっているので、本来しょっぱいはずの経口補水液が無味であったり、甘く感じたりします。
熱中症になりそうかチェックするという意味でも、経口補水液をおすすめします。

麦茶に塩を入れれば良い?

そうなんです。
麦茶に塩を入れれば良いのです。
濃度は0.1%、ペットボトルに入れるのなら、軽くひとつまみで十分です。

塩分控えめが推奨されていたりしますが、暑い季節の健康のことを考えたら、汗をかく量に応じて、適切に塩分補給する必要があるでしょう。
熱中症のことを考えると塩分の控え過ぎも問題ですね。







-熱中症

Copyright© 潜在意識 , 2020 AllRights Reserved.