ニュース

チュートリアル徳井義実さんが脱税!税理士は?徳井は悪くない?

投稿日:

チュートリアルの徳井義実さんが脱税、1億円以上の所得隠しを7年間もしていたというニュースを見て不思議に思いました。
さらに、無申告の期間もあったそうです。
具体的には、
2012年から2015年までの4年間で個人的な旅行や洋服代、アクセサリー代などを会社の経費として計上。
東京国税局はこれを経費として認めず、約2000万円の所得隠しを指摘。
2016年から2018年までの3年間は収入を全く申告しておらず、約1億円の申告漏れを指摘。
重加算税等を含めた追徴税額はあわせて約3400万円。
納税と修正申告済。

スポンサーリンク




洋服やアクセサリー代は経費にできない?

芸能人だから、洋服やアクセサリー代を会社の経費とすることは問題ないと思います。
個人的な旅行と判断されるような旅行の代金を経費としていたという点も微妙ですね。
3年間の無申告の問題があり、そのついでに国税局が上乗せしてきたけど文句いえなかったという感じなのかなと思いました。

普通に家族で外食して、領収書ちょうだいって言いまくっているおばさんをよく見かけますからね。
芸能人が洋服やアクセサリーを経費計上したりするのを問題とするのは本来は難しいはずです。
旅行だって、政治家が視察と言えばなんでも経費計上できるんだから、仕事の付き合いだということにすれば、別に問題ないという判断だったのでしょう。

知り合いで税務調査を受けた人を何人か知っていますが、微妙な経費はスルーされていました。
今回は金額が大きいという点と、上にも書きましたが、無申告とセットで指摘することで反論しづらくされたのでしょう。

経費に関する認識の違いを「所得隠し」という言葉で報道するのは、ちょっと違和感を感じます。

無申告に関する違和感。

会社を設立して、会社から給与という形で受け取るということにしていたのなら、無申告というのが不思議です。
普通税理士雇うので、法人税も、所得税も申告してあるはずです。
丸投げして申告してあると思ったら、実は申告していなかったということなのではないかと想像してしまいます。







-ニュース

Copyright© 潜在意識 , 2020 AllRights Reserved.