ニュース 面白い

中田敦彦さんは間違っているわけでもフェイクでもない理由

投稿日:

中田敦彦さんがYoutubeチャンネル「中田敦彦のYouTube大学」で発信している動画の内容が間違っているだとかフェイクだとか、炎上しています。

チャンネル登録者数30万程度の頃から、毎日中田さんの動画を見ている私が
中田敦彦さんは間違っているわけでもフェイクでもない理由を解説します。

中田敦彦さんは開き直っている?

中田敦彦さんのコンセプトは、
多くの人が聞いたことがあるけど、
イマイチよくわかっていないようなテーマを、
わかりやすく、面白く伝えることです。

また、授業の内容は、参考文献を元にしているので、
中田さん個人の意見ではないと明言されています。

これに対して、開き直っているとか、参考文献に偏りがあるから結果的に、
偏った思想を多くの人に広めることになっているので、
発信者としての責任感が薄いといった批判がされています。

特に、政治や歴史のテーマを扱うときにこれらの批判の声は大きくなります。
例えば、池上彰さんの本を多用するので批判されていたりします。
中田さんもその批判に対しては、

だって池上さん、わかりやすいんだもん。

と答えていました。

中田敦彦さんは嘘をついている?フェイク?

私も池上さんの本は何冊も読んだことがありますが、実際にわかりやすいです。
ただ、テレビで池上さんを見ていると、たいてい、客観的事実を10個わかりやすく説明して、
どこかのタイミングで事実関係の認識に争いがあるような問題を、ぼそっと客観的な事実であるかのように付け足して言うことがあるので、池上彰さんの本をたくさん取り扱っていることに対する批判する人がいるのは理解できます。

中田さんの動画の場合は、そういったことはありません。
参考文献に書かれていることから逸脱していると思えるような発言をしていると感じたことはありません。
ただ単に、そういうの隠すのが池上さんよりもうまいだけかもしれませんが…。

事実誤認がある可能性はありますが、嘘とかフェイクではないでしょう。
そもそも、世の中に出回っている歴史や政治関係の本に完全な客観的な事実が書かれていることはありえないので、事実誤認であったとしても、それを証明することは困難です。

韓国や中国関係の内容のときは、かなり気を使った言葉で表現しているのも見ているとわかります。
歴史や政治関係の動画を見ただけで反応していたり、それを利用して便乗炎上商法しているエセ専門家のような人たちがいますが、次の「7つの習慣」のような動画を見ると、中田さんが、偏った思想を広めることを目的としているわけがないということがわかります。

セカンドチャンネルの方もチェックしていると、彼が自分自身の生き方を真剣に考えながら、挑戦していることがわかります。

ウルトラ・メンタル教本」という本を書いたり、パーフェクトヒューマン、武勇伝などからわかるように、おそらく中田さんはただ単に超人にあこがれているのです。

スポンサーリンク




中田敦彦さんの発信している自称専門家の方々は、「正しい内容」をYoutubeで公開すれば良いと思います。

中田敦彦さんのYoutubeは有害?

いくらわかりやすく、面白く伝えることができても、間違ったことを教えていたら有害だろうという意見があります。
確かに、小学校の算数の授業で1+1=11と教えていたら問題です。
勉强には挫折があります。
学ぼうと思っても、入り口のハードルを超えることができなくて学ぶことができなかった。
そんな人もたくさんいるでしょう。
勉强大好きで、学校の勉强はまあまあ得意だった私ですが、大雑把に、全体像をわかりやすく教えてくれたら、もっと勉强が加速したのにと考えることがります。
また、入り口で挫折してしまった本もたくさんあります。

渋沢栄一さんの「論語と算盤」は買ってすぐに挫折したので、こちらの動画で全体を理解することができました。

最後まで読むのが辛い本を変わりに読んでわかりやすく動画にまとめてくれて助かっています。

夏目漱石の本も読んだことがありませんでした。
今まで自力ではリーチできなかった分野に興味をもたさせてくれるので、とても役立っています。

歴史や政治関係の本は、何百冊か読んでいますが、同じテーマであっても、著者により大幅に解釈や認識が違うことが当たり前で、何が事実なのかわからないというのが私の認識です。
同じ著者でも、出版社によって主張が違うと感じることすらあります。
利害関係がある人が多すぎて、このような事態になっているのでしょう。

炎上をきっかけに多くの人が関心を持つことで、今後事実関係が整理されているという効果があるかもしれません。







-ニュース, 面白い

Copyright© 潜在意識 , 2020 AllRights Reserved.