潔癖症

潔癖症の悩み。車に親しくない人を乗せたくありません。

投稿日:

車で、いろいろなところに行っていると、
人を乗せる機会があります。
私は、穢れタイプの潔癖症なので、
親しい人は乗せても問題ないです。
穢れタイプというのは、単純にばい菌が汚いと感じるわけではなくて、
自分のテリトリーの外側を汚く感じる要素が強いタイプです。

なので、親しい人を帰りに送ったりしますが、
ついでにあの人も乗せていってあげたら?っていう話がよくあります。
車の中は、自分のプライベートな空間です。
言わば、自宅のようなものです。
招き入れたい人もいれば、そうでない人もいます。

スポンサーリンク




でも、一般の人たちは、単なる移動手段としか思っていないので、
同じ方向に行くなら、乗せていってあげればいいじゃん。ケチ。
と考えます。
まあ、仕方ないので、乗せるのですが、気分がいまいちすぐれません。

しかも、過去に不愉快な目にあったことがあります。
友人が、ちょっと帰れなくなったので、迎えに来てほしいというので、
迎えにいったら、友人の友人(私とは面識がない)がいたので、
一緒に送ってあげることにしました。
その当時は、潔癖の症状も今よりましだったので、全く気になりませんでした。
しかし、その友人の友人が、見知らぬ私に車に乗せて送ってもらっているのにもかかわらず、
私が車で流していた音楽にケチをつけたのです。

私は音楽にこだわりがないので、その人が音楽が好きで、
ついつい失言してしまったのかと思い、そのまま、送り届けましたが、
お礼の一言すらありませんでした。

それ以来、全く面識がない人間は知り合いの知り合いであっても乗せません。

あと、普通に真夏だと、背中が汗でびっしょりの人いるし、無理ですね。

ちなみに、私の車の中は汚いです。
子供が食べ散らかしたおやつがたくさん散らばっています。

潔癖なので、電車のつり革はつり革を持ちます。







-潔癖症

Copyright© 潜在意識 , 2021 AllRights Reserved.