天体イベント

オリオン座流星群を名古屋で見る。方角と時間、場所はどこが良い?家から見える?

投稿日:

2020年10月21日の15時頃、オリオン座流星群が活動のピークになります。
なので、21日の夜から22日の明け方に書けてが、見頃です。
日本の場合、22時頃には放射点が、空に上ってきます。
なので、22時頃から見ると良いでしょう。
実際には、深夜になってからの方が、放射点が高い位置に来るのでよく見えます。

なので、21日の深夜から22日の明け方が一番良く見える時間帯となります。
1時間に5~10個くらい流れ星が流れるので、30分くらい見ていれば、見逃すことはないでしょう。

スポンサーリンク




オリオン座流星群が見える方角はどっち?

方角はどちらでもよいです。
本来は月明かりに邪魔されない方向が良いのですが、
2020年10月21日は月の出が10時55分、月の入りが20時47分となっているので、
オリオン座流星群が見える頃には月は沈んでいます。
名古屋(愛知県)に関して記述していますが、
この条件は、本州ならほとんど同じでしょう。

場所はどこが良い?

自宅で見えるとよいのですが、名古屋市の町中だと、
ちょっと厳しいかもしれません。
小幡緑地がおすすめです。
寒いから、寝袋を持っていって、寝袋に入って後向けになると良いです。
名古屋で流星群を見るなら、小幡緑地です。







-天体イベント

Copyright© 潜在意識 , 2020 AllRights Reserved.