アファメーション 目標達成

努力してないのにうまくいく人になる方法 努力してもうまくいかない人との違い

投稿日:

努力してないのにうまくいく人になる方法があります。
私は小学生の頃から、自己啓発の本を読みまくっています。
ネガティブ思考だったので、悩みを抱えると、すぐに本を探しに行きました。
子供だったので、字がたくさんある本を見ていると、書店の店長に万引きすると勘違いして追い出されたこともあります。

自己啓発本は、かなり役に立ちました。
押しつぶされそうになるメンタルを復活させるのには、とても役立ちます。
なので、普通にやり方を調べて、努力をするという方法はうまくいくということはわかっています。
逆に努力をしても、うまくいかないという人も多いです。
しかし、世の中には努力してないのにうまくいく人というのが存在します。
本人に聞くと、努力していないと言います。
実際に努力していないのかというと、傍目にはものすごく努力しているように見える人が多いです。
そういう人たちは、そもそも基準が違います。
努力を努力と思っていないのです。
これをやっておけばできるにきまっているから、とりあえずやっておこうと無意識に考えて、実行し結果うまくいっています。
本人は努力をしたつもりはありません。

努力をしているのにうまくいかない人は、まずやる前にできない理由ややりたくない理由を考えます。
そんなこと考えている間に実行していたら、とっくにうまくいっているはずなのに、考えたり文句を言ったりするのです。
それではうまくいくものもうまくいきません。

努力していないのにうまくいく人と努力してもうまくいかない人との違い

努力してもうまくいかない人の決定的な特徴はうまくいかないと考えているということです。
これは、本人が気づいていない場合もあります。
努力していないのにうまくいく人は、うまくいくと思っているか何も考えていません。
考えずに実行する、これが上手くいくコツなのです。
実際には無意識に努力している人が多いのですが、本当に努力が最低限の人もいます。
全く努力をしなくてもうまくいく方法は、アファメーションを行うことです。
しかも下記のページのアファメーションは、私が今まで試してきた中で、最も強力です。

「なぜか知らないけどすべてうまくいく」アファメーションの威力

アファメーションの効果がでない原因を潰した方法となっています。
苫米地英人さんの「その検索はやめなさい」という本に書いてありますが、
人の脳にはRAS(ラス)という情報収集のためのフィルターあり、
アファメーションがうまくいくと、自動的に必要な情報に気づけるようになります







-アファメーション, 目標達成

Copyright© 潜在意識 , 2022 AllRights Reserved.