ニュース

武漢はアウトブレイク?バイオハザード?

投稿日:

武漢の新型コロナウイルスに関して、
客観的な情報でもかなり危険な状態であるという情報が増えてきました。

客観的な情報と書いたのは、審議が不明な情報が多いからです。
しかしながら、隠蔽されている情報もあると推測すると、
武漢の状況は、さながら映画「アウトブレイク」のようになっているとも想像されます。

武漢封鎖と映画「アウトブレイク」の類似点は?

アウトブレイクとは、集団感染を意味する言葉です。

アウトブレイクのあらすじは、

モターバ川淫谷の傭兵キャンプ地では原因不明の出血熱に苦しむ者であふれていたのので
アメリカ陸軍は調査に訪れました。現場を見て感染者を採血したあと爆弾を投下して仲間がいるキャンプ地ごと消滅させました。
その後、アフリカから密輸入された一匹の猿に関わった密売人のジンボと、ペットショップの店員が出血熱により死亡。
病院の検査技師もまた飛沫感染により発病、そして街でアウトブレイク

という流れです。

映画アウトブレイクは、U-NEXTの31日間の無料トライアルで視聴可能です。

武漢の場合は海鮮市場から広がったとされています。
ただ、生物兵器開発のミスによるという見方もあります。
アメリカのワシントン・タイムズは、「中国科学院武漢病毒研究所での秘密の研究開発に関連しているかもしれない」という報道をしています。
生物化学兵器を開発していて、その管理がずさんだったせいで、漏れ出してしまったのではないかという疑惑です。

中国科学院・武漢ウイルス研究所微生物菌毒種保存センターというのは、バイオセーフティーレベル4(BSL-4)の施設です。
レベル4といえば、すぐに思い浮かぶのがバイオハザードですね。

日本国内では、国立感染症研究所が2015年8月7日に初めてBSL-4の運用が許可されました。

すでにパンデミック?

パンデミックというのは、世界的に流行しているという意味になります。
武漢の新型コロナウイルスは2019年の12月ごろから、じわじわ話題になりはじめ、一ヶ月書けてかなり危険であるということが認知されました。
当初は人から人への感染はしないなどと武漢市長が発表したりしていたし、武漢の人工は1100万人を超えると言われてるので、
感染者数は、想像を絶する可能性もあります。
台湾や北朝鮮に比べると日本の対応は遅いので、国内の感染者の報告が今後増えると予想されます。

スポンサーリンク




日本の対応が遅れた理由は?

日本の対応が遅れた理由は推測ですが、安倍政権が、観光を経済成長の柱にするなどといっていることと、
2020年のオリンピック、中国に対する忖度の可能性が考えられます。

日本国民のことを考えたら、即座に最低でも武漢発着の飛行機を止めるべきです。
観光を経済成長の柱なんていっていて、10年後に観光を外交カードに使われないか心配です。
中国側が

日本がいう事きかないなら、中国人の日本観光禁止しますから

なんていわれて、あわてふためくとかありそうです。
カジノに頼る日本経済になっていたら、確実にそうなるでしょう。

新型コロナウイルス対策は何かある?

仮に生物化学兵器だとしたら、換気して、どんどんウイルスを外気に触れされることが有用だという話があります。
人工的なものだとしたら、感染力が強かったとしても、自然環境に対する耐性が弱い可能性があるからです。
今の所の情報では、空気感染ではなく、飛沫感染の可能性が高いので、空気がこもった場所ではなく、
換気が行き届いた場所で、咳などで排出することで体内のウイルスの量が減少するという可能性が考えられます。

マスクをするならN95のマスクです。
現在、価格が高騰していますが、通常は5000円程度(1枚100円くらい)のものです。







-ニュース

Copyright© 潜在意識 , 2020 AllRights Reserved.