生活の知恵

トイレが詰まった!ラバーカップ(スッポン)がない場合の対処法

投稿日:

先日、トイレがつまりました。
子供がおしっこを床に全てこぼして、それをトイレットペーパーで吸い取って、
流そうとしたらつまりました。
トイレットペーパーを一度にたくさん流すとつまります。

トイレットペーパーはいずれとけるので、お湯などを少しずつ入れながら気長に待っていても、
そのうちつまりが解消される事が多いです。

今回は、この失態のせいで、妻に怒られてしまったので、
早急に直す必要があります。
スッポン、ラバーカップというのが正式名称らしいのですが、うちにはありません。
針金のハンガーで突くと良いのですが、プラスチックのハンガーしかありません。
仕方ないので、別の方法で問題を解決することにしました。

スポンサーリンク




ラバーカップ(スッポン)がない場合、トイレのつまりを解消する方法

最終手段に近いと思いますが、素手で直すことができます。
ビニール袋に手を入れて、そのまま手を突っ込んで、奥の穴をできるだけ塞ぐようにして前後させます。
しばらくすると、溜まっていた水が抜けます。
穴の奥に掌底をあてるような感じでパコパコやります。
ビニール袋は、手を汚れから守るためにつけているわけではありません。
ビニール袋にも水が入ってきます。
袋の役目は、手と穴の隙間を少しでも埋めて、スッポンに近い状態を作り出すことです。
まあまあ激しくやる必要がありますが、うまくやれば5秒以内につまりは解消されます。

トイレの横にビニール袋を捨てるためのビニール袋と、手を浮くためのトイレットペーパーを置いておくと良いです。
作業完了したら、ビニール袋を袋につめて、トイレットペーパーで手を拭いて、その紙を流して動作確認です。
無事流れれば完了です。

新型コロナウイルスにより、トイレットペーパーやティッシュがなくなるというデマにより、
両方とも品薄状態が続いています。
特にトイレットペーパーが品切れの場合が多いようなので、普通のティッシュをトイレに流してつまらせてしまうというトラブルが続出になりそうです。







-生活の知恵

Copyright© 潜在意識 , 2022 AllRights Reserved.