ニュース

ワクチン全員接種。その効果は?危険性はないの?拒否するとどうなる?

投稿日:

とうとう厚生労働省が新型コロナワクチンを

「2021年前半に接種開始」との目標を設定。最終的に国民全員に接種

という目標をかかげました。

ワクチン全員接種すれば、誰もコロナにかからなくなるのでしょうか?
かかったら重症化する人だけ、接種すればよいと考えるのはおかしいのでしょうか?
それどころか、新型コロナウイルスは病原体が同定されていないという指摘がされています。

徳島大学名誉教授で免疫生物学専門の大橋眞先生によると、新型コロナウイルスはコッホの4原則を満たしていないため、現実に存在するウイルスなのかどうか疑わしいとのことです。

スポンサーリンク




こちらの医師の方も、「同定されていないウイルス」であると指摘しています。

使用されるワクチンは、過去に実績のないRNAワクチンとのことです。
普通のワクチンでも、承認されるのにかなり時間がかかるのに、
いまだかつて承認され、使用されたことがないRNAワクチンを2021年に国民全員に接種するという目標をたてること事態に大きな不安を覚えます。

この先生は、実際にワクチンを手に入れることができたら、全員接種阻止のために動いてくれそうです。

私自身は素人ですが、理系大学の物理学科卒で現在プログラマなので、わりと数字が得意です。
今回の件は、厚生労働省が毎日発表しているデータを2月初旬から毎日見ていて、3月半ばに、
何か発表されていない問題があるのか?単なる嘘であると判断していました。
そのため、マスクも不要だと考えています。

タンザニアの大統領がマスクを禁止しました。その理由は?

ワクチンの効果は?危険性はないの?

効果以前に、病原体が特定されていない可能性があるということが本当なら、
そもそも全員接種するという目的が意味不明です。
供給されるワクチンに有害なものが入っていれば、重篤な副反応がでる可能性があります。
ただ単にお金儲けしたいだけで、食塩水かビタミン剤を5000円で一億人に注射して、
毎年5000億円稼ぎたいと言うだけなら、まだマシだと思えるような異常事態です。

ワクチンが全て無意味で危険だという人もいますが、狂犬病や天然痘などのワクチンはおそらく、それなりに効果があるものなのでしょう。
風邪のワクチンは別物として考えたほうが良さそうです。

ワクチンを拒否したらどうなる?

いろいろ言われています。
パスポートが発行されないとか、買い物ができなくなるとか、解雇されるとか…。
子供が学校にいけなくなったり、行けたとしても接種していないことによってイジメられたり、
全員接種という制度ができれば、拒否すればいいだけという人もいますが、
拒否は簡単にできても、他のイヤがされせのような仕組みで、追い詰められて行くことは明白です。

現在でも、マスクしていないと入店できない店舗があったり、狂った世の中になっています。







-ニュース

Copyright© 潜在意識 , 2020 AllRights Reserved.