ニュース

緊急事態宣言が遅い。しかも法的拘束力がないけど大丈夫?日本だけ感染スピードが遅いのはなぜ?

投稿日:

2月4日からずっと新型コロナウイルスの感染状況を追っています。
ニュースも毎日チェックしていますが、とても疑問を感じることがあります。
日に日に感染は広がり、海外では次々とロックダウンされています。
にもかかわらず、日本の対応が後手後手と言われるほどのんびりとしたものです。

テレビでは連日、感染拡大が報じられ、マスク2枚を全世帯に配布すると言って、アベノマスクと批判され、
4月7日には緊急事態宣言が出されるかもしれないということですが、
遅すぎる。法的拘束力がないから意味がない。といって批判の嵐です。

新型コロナウイルスの危険性を楽観視するわけではありませんし、安倍政権を支持しているわけではありませんがが、客観的な数字を見てみます。

2月4日の日本国内の感染者数は20人、全世界で20684人です。

4月6日時点では、日本国内3139人、全世界1272115人です。

わかりにくいので、割り算して比較してみます。

2月4日から4月6日までの増え方

日本国内 3139/20≒156.95
全世界 1272115/20684≒61.5

こうしてみてみると、日本のほうが感染者数の増え方が大きいように見えます。

ちょっと次期をずらしてみます。
3月2日時点では、日本国内256人、全世界89073人です。

2月4日から4月6日までの増え方

日本国内 3139/256≒12.26
全世界 1272115/20684≒61.5

この記事を記述しているのは4月6日ですが、
ここ一ヶ月の期間で見てみると世界全体と比べて、5分の1の感染スピードです。

海外の日本人が沢山発信しています。
ニューヨークはまるでバイオハザードだ、2週間後の日本もこうなるから危険ですよなんていう動画もありました。
感染が始まったのが早かったのは日本で、今でも感染爆発していない(しているとしても5分の1)のだから、
言っていることがおかしいような気がします。
アメリカもロックダウンする2週間前は日本と同じ感じだったけど、
急激に感染が拡大したから、いつまでたってもロックダウンしない日本は危険だという意味で警告しているのだと思います。
2週間後、ニューヨークのようになるかどうかはわかりませんが、
公開されている数字が正しいとしたら、その可能性は低そうです。

スポンサーリンク




なぜ日本はロックダウンしないのか?

日本の場合、緊急事態宣言を出したとしても、法的拘束力がないので、海外のロックダウンのようにはなりません。

こちらが3月17日のフロリダ州のマイアミビーチです。
この時点で他の地域はコロナウイルスのため閉鎖されていたようです。

(画像引用元:https://abcnews.go.com/Politics/miami-mayors-message-spring-breakers-amid-coronavirus-pandemic/story?id=69697779)

日本の渋谷駅は自粛要請をしただけで人が5割源です。
あまりよくない例えですが、アメリカ人にお願いしたら無視されて、日本人にお願いしたら腹を切るくらいの違いがあります。

ロックダウンしても60倍に増えている海外と、ちょっとお願いしただけで感染スピードが劇的に落ちた日本と比較するのはとてもむずかしいです。

なぜ日本だけ感染者が増えにくいの?

世界の中でも、中国についで初期の段階から感染が報告されていたのにもかかわらず、
台湾やシンガポールなどのように、都市国家に近いような小さな国以外で、
日本は突出して感染拡大スピードが遅いです。

なぜ、感染者が増えにくいのか?
いろいろな憶測があります。

-BCGの予防接種を受けている割合が多いから。
-マスクする週間があるから。
-検査していないだけ。

確かに検査体制は国によって違うので潜在的に感染者がもっと多い可能性は否定できません。
ただ死者数も少ないので、やはり感染拡大スピードは遅いのだと判断できます。

私は感染者が増えにくい理由は日本人が桁違いに潔癖だからという点が有力だと考えています。

日本人が当たり前だと思っていることは、海外では異常なまでに潔癖症です。

海外の多くの国から商品を輸入したことがありますが、とりあえずパッケージはゴミだという考えで配達されます。
日本人の感覚だと、全て返品対象です。
長年海外から商品を輸入して販売していて、初めて国内のメーカーから仕入れしたときは感動しました。
パッケージはピカピカ、砂埃なんてついていません。

日本の書店に並んている本は全てツルツルのカバーが付いています。
そして、購入するとそれに紙のカバーをかけてもらいます。
海外の書店で、そんなの見たことありません。
イタリアにいったら便座はほとんどありませんでした。

そんな汚いトイレに行った靴で、ホテルの部屋に入り、
ベッドに腰掛けます。
20年前日本人の友人の家で、ジーパンでベッドに座ったら怒られました。
当然、靴は脱いでいましたが…。
別の友人ですが、靴脱いで家にはいる時に足を洗えと言われたこともあります。

幼稚園児でも食事の前に手をあらいます。

外国人の方々を悪く言いたいわけではなく、多くの日本人の衛生観念が、
他の国の人々と全く違うということです。

また、指示されたことを実行する人が多いという点もあげられます。

複雑なゴミの分別を多くの人がこなしています。
列に並びます。
子供にレゴをやらせたら、説明書と全く同じ色じゃないと嫌がります。
几帳面です。

そして従順です。
政治でも他国は口ばっかりで全く実行しないCO2削減を実行したり、
どんどん生活が苦しくなってきているのに政府の言うことを信用して消費税増税を受け入れています。
消費税増税でヒーヒー言っているタイミングの自粛要請で、
経営者はそれどころじゃないから営業を続けていても、
国民は従順な人が多いので売上は激減です。
こんな状況でも、特に暴動が起きたというニュースはありません。
電車の人身事故の数が増えているのは関係があるような気がしますが…。

ということで、ロックダウンしない理由は、自粛要請しただけで、
ロックダウンを超える効果があるからだと思います。

感染拡大させないことも大切ですが、
経済的な事情で命を落とす人が少しでも少なくなることを祈ります。

無症状の人たちを全員検査してはいけない理由をレゴを使って考えてみた。







-ニュース

Copyright© 潜在意識 , 2020 AllRights Reserved.