計算

20代の喫煙者がコロナウイルスに感染して重症化する確率を計算してみた

投稿日:

20代の喫煙者がコロナウイルスに感染したら重症化しますかという質問を見かけました。
計算してみます。

言うまでもありませんが、これまでの発表されている数値を元に計算するだけなので、
あなたが重症化するかどうか、死亡するかどうかとは、全く無関係な値となります。

まずは、東洋経済オンラインのデータを見てみます。
こちらのページで、年齢別の感染者数を見ると、4/14時点で20代は1346人感染して3人重症化しています。

ということは、20代の人がコロナウイルスに感染した場合、0.22%が重症化するということがわかります。

厚生労働省の最新たばこ情報というページに年代別の喫煙率が書いてあります。

平成30年の20代男性の喫煙率は23.3%、20代女性の喫煙率6.6%です。

e-Statで人口推計 2019年10月1日現在人口推計 を見てみます。

2019年10月
男性 20~24歳 3299000人、25~29歳 3216000人
合計 6515000人女性 20~24歳 3089000人、25~29歳 3025000人
合計 6114000人

関係ありませんが、40万1000人の男性には彼女ができないことがわかります。

スポンサーリンク




20代男女合計
12629000人

感染者の中に、喫煙者が何人いるか計算してみます。

204.795675人が喫煙者です。
最悪の想定をしてみます。
重症化するのは喫煙者だけだと仮定します。

3人重症化しているので、
20代の喫煙者は1.46%重症化するということになります。

今の所(2020年4月16日)、20代の死亡者は0なので、
感染しても死亡する確率は0です。

ついでに感染スピードも計算してみます。
20代は、12629000人、感染者は2020年4月16日時点で1346人です。
60日程度で、1346人に達しています。
2月15日ごろが0人だったので、直線的に感染者が増えて60日で1346人に達したとしたら、

このスピードだと、20代の人が1割感染するのに、2月15日から数えて56379日かかります。

2175年6月13日です。

二次関数の増え方だとしたら、

このスピードだと、20代の人が1割感染するのに、2月15日から数えて1838日かかります。

2025年2月13日です。

実際の感染症の増え方がよくわからないので、念の為、三次関数でも計算してみます。

このスピードだと、20代の人が1割感染するのに、2月15日から数えて587日かかります。

2021年9月11日です。

1割感染すると18438人が重症化します。
これは20代だけなので、全体としてももっと多くなります。

実際には現時点で、全年代の重症者の増加数は一番多かった日で19人です。
重症者数の累計のグラフを見ると、4月5日までは直線的だったのに、そこで角度が変わっています。
このまま直線的な状態がつづくのならコントロールできているということになりますが、
今後これが指数関数のグラフになっていくとしたら危険でしょう。

 

 

 







-計算

Copyright© 潜在意識 , 2020 AllRights Reserved.